独立の志向とSEの人口

SEとして企業で働いてきた人が、独立してフリーエンジニアになりたいと考えることが増えています。
独立の志向が高まっているのはエージェントを利用しやすくなり、自分の実力に合っている仕事をしながら高い収入を獲得し、将来に役立つスキルも身に付けられると期待する人が多くなっているからです。
そのため、フリーエンジニアになるSEの人口は増加する傾向がありますが、失敗して辞めてしまう人も少なくありません。
有能な人材が少ないというのがフリーエンジニア市場の実情であり、優秀な働きをしてきたSEに仕事が集まっているという現状があります。
一方、派遣の場合には登録者数を伸ばしている派遣会社もあるものの、実際に働いている人口はほぼ横ばいになっています。
自由に働きたいというSEがこの二つのどちらを選ぶかで迷うことは多く、人気の高さからフリーエンジニアの方が選ばれる傾向が強いです。
SE自体にも人気はあるものの、仕事の厳しさという点から躊躇したり転職したりする人もいるため、全体数はほぼ横ばいになっています。
ただ、他の業界からの転職者が多くなっていることが、フリーエンジニアの人口数に影響していることは否めません。
SEになることを希望している転職者の多くがやりがいや高収入を求めているため、フリーエンジニアになりたいと考えていることも多いからです。
これがフリーエンジニアを全体としてみるとレベルの低下が起こってしまっている要因の一つであり、有能な人の独立が求められています。