ジェネラリストが求められる傾向の強まり

スペシャリストが派遣社員やフリーエンジニアには求められる傾向が強かったものの、SEを選び出して現場に投入するというケースではジェネラリストが求められることが増えています。
これまでは一つの分野に特化して掘り下げることにより新しいITが生み出されてきていましたが、それが限界と感じられる状況が生まれてきているからです。
多分野の融合によって新しい可能性を見出していく方針が主流になっているため、一つの分野に特化したシステム開発ができるSEよりも、広く知識もスキルも持っているSEの方が望まれるようになっています。
特にある分野で長けているSEは多いものの、ジェネラリストが少ないという現場が多いため、外から人材を補充して開発を進めようという方針が立てられやすくなっているのです。
派遣社員によってまかなうこともありますが、将来的に雇用することも考慮して独立したフリーエンジニアを選ぶことも珍しくありません。
採用予定派遣よりも企業側としては人材を吟味しやすいというメリットがあるため、ジェネラリストとして十分かどうかを現場で判断するのにフリーエンジニアが適しているのです。
独立して働きたいと考えているSEは、広くスキルを習得するように心がけた方が良いでしょう。
人材としての需要を高めるのに適しているため、一つの分野に執着せずにできる限りSEとしての幅を広げていくという方針を持つことが重要になっています。